おすすめの脱毛の種類は?効果や脱毛機器の違いを徹底比較

公開日
2023.05.29
更新日
2023.12.14

脱毛を受けるにあたって気になるのが、「本当に効果が高い脱毛方法は何?」ということです。脱毛方法には大きく分けて3種類あり、脱毛サロンで受けられる光脱毛、美容皮膚科などの医療機関で受けられる医療脱毛、そしてニードル脱毛があります。

この3つの方法はそれぞれメリット・デメリットがあり、向いている人・そうでない人がいます。自分に合ったベストな脱毛方法を知るために、光脱毛(サロン脱毛)と医療脱毛(レーザー脱毛)、そしてニードル脱毛の3種類を比較してみましょう。

脱毛の種類は主に3つ

脱毛の種類は「光脱毛(サロン脱毛)」「医療脱毛(レーザー脱毛)」「ニードル脱毛」の3種類があります。それぞれ脱毛効果や痛みの感じ方、料金などが異なるため、まずはそれぞれの脱毛方法の違いについてを見てみましょう。

脱毛の種類 光脱毛(サロン脱毛) 医療脱毛(レーザー脱毛) ニードル脱毛
効果 ⚫︎脱毛(減毛)効果が得られる
⚫︎効果の現れ方はゆっくり
⚫︎しっかりと脱毛効果が得られる
⚫︎効果の現れ方は比較的早い
⚫︎非常に高い脱毛効果が得られる
⚫︎効果の現れ方が早い
痛み ⚫︎感じにくい ⚫︎部位によって強く痛みを感じる
⚫︎部位によって麻酔を使うクリニックもある
⚫︎とても強い痛みを感じる
⚫︎麻酔を使うクリニックも多い
施術回数 ⚫︎18~24回程度 ⚫︎5~10回程度 ⚫︎5~8回程度
施術期間 ⚫︎1年半〜2年程度 ⚫︎半年~1年程度 ⚫︎1年~1年半程度
料金 ⚫︎6回で10~15万円程度 ⚫︎5回で20~30万円程度 ⚫︎15分で2~3万円程度

まず、光脱毛(サロン脱毛)についてです。脱毛サロンで受けられる光脱毛は「フラッシュ脱毛」とも呼ばれる脱毛方法で、痛みをほとんど感じることなく脱毛効果が得られます。ただし、他の脱毛方法よりも脱毛器のパワーがマイルドなため、繰り返し何度も施術を受ける必要があります。毛量を減らすまでには少し時間がかかるため施術に通う手間はかかりますが、痛みに弱い人にはおすすめです。

医療脱毛(レーザー脱毛)は、皮膚科や美容クリニックなどで受けられる脱毛方法です。光脱毛と同じ原理の脱毛器を使いますが、そのパワーが強いため脱毛効果も高くなります。万が一肌トラブルが起こってもすぐ医療従事者に対応してもらえること、繰り返し施術を受けるとしっかり脱毛効果が得られることなどが大きなメリットです。

ニードル脱毛は、電気を通す特殊な「針(ニードル)」を用いた脱毛方法です。毛穴に針を挿し込んで電気を流し、毛根を破壊します。非常に高い脱毛効果が得られますが、そのぶん痛みが強いことでも知られています。なお、ニードル脱毛の料金は15分単位など時間で料金が設定されていることがほとんどです。1分間に脱毛できる本数は8本〜10本程度と言われており、脱毛する箇所や生えている毛の本数でかかる時間が異なります。

光脱毛

光脱毛(サロン脱毛)についてより詳しい特徴を見てみましょう。

脱毛サロンで受けられる光脱毛(フラッシュ脱毛・サロン脱毛)は、痛みを感じにくく気軽に受けやすい脱毛方法です。黒いメラニン色素に反応する特殊な光を放つ脱毛器を使っており、毛や毛根に熱ダメージを与えてじわじわと脱毛していきます。

サロン独自のスキンケアアイテムが開発されているところも多く、併せて使うことで高い脱毛(減毛)効果が得られることもあります。

光脱毛のメリット

光脱毛(サロン脱毛)のメリットは、「痛みが少ないこと」です。ワキやVIO(デリケートゾーン)など太い毛が密集している部分でも、他の脱毛方法に比べると痛みを感じにくく、痛みに弱い人や痛みへの不安で脱毛を諦めている人にとって大きなメリットと言えるでしょう。

痛みの感じ方には個人差があるものの、多くの人が施術時はほんのりと温かさを感じる程度のため、脱毛デビューをする若い女性に人気です。

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは、他の脱毛方法に比べて「脱毛効果が低い」ことです。光脱毛に使われる脱毛器は医療脱毛(レーザー脱毛)よりもパワーが弱いため、痛みを感じにくいというメリットはあるものの、その分脱毛効果も医療脱毛よりは低くなります。

ただし、繰り返し施術を受けることでしっかりと脱毛(減毛)効果が得られること、産毛レベルの細かなムダ毛にも効果がある脱毛器も登場しているなど、あまりデメリットに感じなくなっていると言えます。

光脱毛の種類

一口に光脱毛と言っても、脱毛サロンで使われている脱毛器にはさまざまな種類があります。脱毛器によって得意な部位や毛などが違うため、各脱毛器についても比較してみましょう。

IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛
特徴 ⚫︎熱によるダメージでムダ毛や毛根にアプローチする脱毛方法
⚫︎細いムダ毛よりも太い毛や濃い毛に反応しやすい
⚫︎ワキやVIOのように毛が濃く密集している部分は痛みを感じやすい
脱毛ペース ⚫︎1~2ヵ月に一度
脱毛期間・回数 ⚫︎18~20回程度
⚫︎1~2年程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎太い毛
⚫︎濃い毛
おすすめな人 ⚫︎毛が濃いと感じている人
⚫︎ワキやVIOなど比較的太い毛が生えている部分を脱毛したい人
SSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛
特徴 ⚫︎抑毛成分を含んだ専用のジェルを肌に塗り、その上から光を当てて脱毛する方法
⚫︎肌へのダメージを最小限にしながら施術できる脱毛方法
脱毛ペース ⚫︎1~2ヵ月に一度
脱毛期間・回数 ⚫︎6~24回程度
⚫︎2~3年程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎細い毛、太い毛、どんな毛にも対応
おすすめな人 ⚫︎肌へのダメージを抑えたい人
⚫︎産毛のような細い毛、ワキ毛のような太い毛のどちらも脱毛したい人
⚫︎肌ケアしたい人
SHR(スーパー・ヘアー・リムーバブル)脱毛
特徴 ⚫︎毛周期を気にせず脱毛を受けられる
⚫︎毛の成長を促す「バルジ領域」にアプローチできる
⚫︎痛みを感じにくい
⚫︎ほくろやニキビ痕がある人、日焼けをしている人でも脱毛を受けられる
⚫︎最初の効果を実感するまでに時間がかかる
脱毛ペース ⚫︎2週間~1ヵ月に一度
脱毛期間・回数 ⚫︎18~24回程度
⚫︎2~3年程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎産毛など細い毛
おすすめな人 ⚫︎ニキビや日焼けなど、肌に何らかのトラブルを抱えているが脱毛したい人
⚫︎産毛などの細い毛を脱毛したい人
⚫︎肌へのダメージを抑えたい人
THR(サーモ・ヒート・リムーバー)脱毛
特徴 ⚫︎毛根と毛の成長を促す「バルジ領域」両方にアプローチできる
⚫︎一定パワーの光を連続で打ち続けられるため安定した効果が得られる
⚫︎痛みを感じにくい
⚫︎1回の施術スピードが速い
脱毛ペース ⚫︎2週間~1ヵ月に一度
脱毛期間・回数 ⚫︎6~12回程度
⚫︎3ヵ月~半年程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎細い毛、太い毛、どんな毛にも対応
おすすめな人 ⚫︎色黒な人
⚫︎スピーディーに脱毛したい人
⚫︎痛みの弱い脱毛方法が良い人
⚫︎即効性を重視したい人

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、その名の通り皮膚科や美容クリニックなどの医療機関で受けられる脱毛方法です。

脱毛の原理は光脱毛と同じで、脱毛器から放たれる光(レーザー)が毛根に熱ダメージをもたらします。脱毛サロンでの光脱毛と異なる点は、レーザーのパワーです。光脱毛の脱毛器よりも圧倒的に威力が強いため、高い脱毛効果が期待できます。

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛のメリットは、光脱毛よりもレーザーのパワーが強いため、高い脱毛効果が期待できることです。その分、施術時の痛みが光脱毛より感じやすくなるものの、施術を受ける回数は少なく済みます。

何度も施術に通うのが面倒という人や、脱毛効果を重視する人にとって医療レーザー脱毛は大きなメリットがある方法と言えるでしょう。

また、医療機関で施術を受けられるのも大きなメリットです。万が一肌に何らかのトラブルが起こったとき、すぐに対処してもらえるという安心感があります。

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットは、光脱毛に比べて痛みを感じやすい点や、1回の脱毛にかかる料金が高い傾向にある点が挙げられます。

しかし、医療レーザー脱毛は脱毛効果が高く、しっかりとムダ毛をなくしたいと考えている人にとっては、光脱毛より料金がかかったとしても満足度が高く、コストパフォーマンスも優れていると言えるでしょう。

施術時に感じる痛みについては、部位や毛質などによっても違い、個人差がありますが、クリニックによっては麻酔を使えるところもあります。医療脱毛の痛みが不安な方は麻酔の使用も検討することをおすすめします。

医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛に用いられる脱毛器には、光脱毛と同じくいくつかの種類があります。それぞれのレーザーによって得意な部位や毛などが違うため、自分が希望する脱毛箇所に合うものを選びましょう。

アレキサンドライトレーザー
特徴 ⚫︎メラニン色素(黒い色)に強く反応する性質を持つレーザー脱毛
⚫︎波長の短いレーザーのため、肌の奥ではなく表面にあるムダ毛やシミ(メラニン色素)に反応しやすい
⚫︎レーザー脱毛の中でも比較的痛みを感じにくい
⚫︎コラーゲン生成を促す作用があり美肌効果を期待できる
脱毛ペース ⚫︎1~2ヵ月に1回
脱毛期間・回数 ⚫︎5~10回程度
⚫︎半年~1年弱程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎太い毛や濃い毛
⚫︎色白
おすすめな人 ⚫︎毛と肌の色の差がある人
⚫︎毛の色が濃い、太い人
ダイオードレーザー(蓄熱式)
特徴 ⚫︎弱いパワーのレーザーを連続で打ち、じわじわと熱ダメージを与える仕組み
⚫︎毛の成長を促す組織「バルジ領域」にアプローチできる
⚫︎産毛のような細い毛の脱毛にも対応できる
⚫︎痛みを感じにくい
⚫︎脱毛効果を実感できるまでの期間はゆっくり
脱毛ペース ⚫︎1~2ヵ月に1回
脱毛期間・回数 ⚫︎5~10回程度
⚫︎半年~1年弱程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎細い毛や産毛
おすすめな人 ⚫︎痛みに弱い人
⚫︎色黒の人や色素沈着がある人
⚫︎毛が細い人や産毛部分を脱毛したい人
ダイオードレーザー(熱破壊式)
特徴 ⚫︎毛乳頭や毛母細胞にアプローチできる
⚫︎熱ダメージによる脱毛のため蓄熱式のダイオードレーザーに比べると痛みを感じやすい
⚫︎高い脱毛効果が期待できる
⚫︎産毛など細い毛だと脱毛効果を実感しにくいこともある
脱毛ペース ⚫︎1~2ヵ月に1回
脱毛期間・回数 ⚫︎5~10回程度
⚫︎半年~1年弱程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎太い毛や濃い毛
おすすめな人 ⚫︎ワキやVIOなど毛が太い部分を脱毛したい人
⚫︎できるだけ早く脱毛を完了させたい人
ヤグレーザー
特徴 ⚫︎アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べると、最も波長の長いレーザーを用いた脱毛器
⚫︎波長が長いため根深いムダ毛にも適している
⚫︎非常に高い脱毛効果が期待できる
⚫︎痛みを強く感じやすい
⚫︎産毛レベルのムダ毛にも効果的
⚫︎色黒の人や日焼けをしている人でも施術可能
⚫︎シミ治療にも用いられている
脱毛ペース ⚫︎1~2ヵ月に1回
脱毛期間・回数 ⚫︎5~10回程度
⚫︎半年~1年弱程度
効果のある肌質や毛 ⚫︎細い毛、太い毛どちらにも対応
おすすめな人 ⚫︎高い脱毛効果を求める人
⚫︎産毛、太い毛のどちらも脱毛したい人
⚫︎色黒の人、日焼けをしている人

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、電気を流した特殊なニードル(針)を用いた脱毛方法です。毛穴にこの針を差し込み、電気の力で直接毛根や毛乳頭を破壊します。施術中の痛みは強いものの、毛の成長や再生を促す毛乳頭を破壊できるため、非常に高い脱毛効果を得られるのが特徴です。

施術は美容クリニックや皮膚科などの医療機関でのみ行われます。一部のエステサロンなどでは美容電気脱毛といったニードル脱毛を提供していますが、使用機器がクリニックとは異なり脱毛効果が劣ることや、医療従事者が施術しないため肌トラブルに対して素早い対応が難しいなどの問題点があります。ニードル脱毛を検討している人は、前述の問題点を確認した上で、どこで受けるかを決めましょう。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは、非常に高い脱毛効果が期待できることです。医療レーザー脱毛では施術できない白髪や、レーザー脱毛によって硬毛化した部分なども対応できます。

ニードル脱毛によっていったん毛乳頭(毛根)が破壊されるため、高い脱毛効果を求める方におすすめの脱毛方法です。

また、ワキのにおいに悩んでいる人にも向いています。ワキガの原因はアポクリン汗腺からたんぱく質などを含んだ汗を、肌表面にいる雑菌が分解するときに放つにおいです。ワキ毛のニードル脱毛を受けるとアポクリン汗腺の一部も一緒に破壊されるため、ワキガのにおいが軽減されることもあります。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットは、痛みが強いことです。電気の通う針を毛穴に直接挿し込んで施術するため、施術時に強い痛みを感じて施術を中断する人も少なくありません。クリニックによっては冷やしながら施術したり、麻酔を使ったりできるところもあります。

また、ニードル脱毛は毛穴一つひとつに対して施術するため、医療レーザー脱毛に比べて非常に時間もコストもかかります。多くのクリニックで15分単位の施術となっているので、施術者のスピードによっては満足いかないケースもあるでしょう。

光脱毛やニードル脱毛より医療レーザー脱毛がおすすめ

光脱毛やニードル脱毛、そして医療レーザー脱毛について比較・紹介しましたが、「痛み」「脱毛効果」「コスト」などを総合的に考えると、医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛は、ニードル脱毛のように少しずつ施術をするのではなく一度で全身を脱毛できるスピード感、高い脱毛効果が期待できること、医療機関で施術を受けられるという安心感などからおすすめの脱毛方法と言えるでしょう。

また、気になる費用面については10回などの複数回のプランを選ぶと数十万円かかるケースもありますが、自分の通いやすいペースに合わせて利用できる「都度払い」のプランを利用すると比較的安価で施術を受けることができます。定期的に通わなければならない、高額な医療ローンを組まなければならないという心配なく、気軽に医療レーザー脱毛を受けられることも魅力です。

まとめ

脱毛方法にも、さまざまな種類があることが分かりました。脱毛サロンで受けられる光脱毛、医療機関で受けられるレーザー脱毛やニードル脱毛など、一人ひとりの希望や毛質に合ったものを選ぶことが大切です。

中でも医療レーザー脱毛は、3つの脱毛方法の中でも特にバランスが良く、一定の回数を重ねることで、高い脱毛効果が期待できます。まずはカウンセリングを受け、納得してから施術を受けると良いでしょう。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当院の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

医療ハイフとは?

※料金は税込です ※自由診療のため保険適用外

人気コラム

スクロールナビゲーション
Swipe

新着コラム

スクロールナビゲーション
Swipe
お友達紹介
会員予約 新規カウンセリング予約